『響け!ユーフォニアム2期』12話感想 彼らの目標は既に達成していたんだ【海外の反応】

eupho12_032

響け!ユーフォニアム2期12話あらすじ『さいごのコンクール』
ついに明日は吹奏楽コンクール全国大会。
吹奏楽部は大会に備えて会場近くの施設に宿泊し、最後の練習を行っていた。
その夜、久美子は寝つけず布団を抜け出す……。

 

2016年12月22日
これは予想できたことだけど、もしも金賞だったらどれほどの喜びが得られたのかと思うと
北宇治高校が負けてしまったという事実は本当に悲しい・・・

2016年12月22日
 Λもし彼らが勝っていたら、僕はきっと涙を流していただろう。

2016年12月22日
久美子達は自分達が持つパフォーマンスを全て出し切った。
彼らは関西大会でベスト3に入ったんだ、この初舞台での結果を恥じる必要はないよ。

2016年12月22日
誕生日プレゼントを受け取った久美子のシーンは本当に可愛い!
私は当初、秀一のことがどうでもよくて無関心だったけれど、今は彼のことが好きになった。
久美子が自分で気付かずに必要としていることを、秀一は絶妙にサポートしてくれるんだ。

eupho12_011

2016年12月22日
 Λ二人の会話はとても自然に感じる。
わざとらしさは一切なく、純粋に友達同士で話しているみたい。

2016年12月22日
彼がプレゼントしたヘアピンを楽譜のそばに置く彼女。
もしかして、久美子と秀一は付き合うの?

2016年12月22日
麗奈は1話で2度告白する!
周りのびっくりした反応が良かったね。

%e5%91%8a%e7%99%bd

2016年12月22日
 Λ一番良かったリアクションは会場内での優子さ。
まさかあの場で告白するなんて予想していなかったよ、メンバー全員にそのことが知られたと思うと面白いね。

eupho12_036

2016年12月22日
結局、女の子が女の子を好きになることはなかったんだ・・・

2016年12月22日
お互いに好きだと伝え合う姉妹、なんて素晴らしいんだろう!

eupho12_052

2016年12月22日
 Λ私にも姉がいるんだけれど、些細なことでケンカをしたまま実家を離れてしまい、それからずっと疎遠のままなんだ。
私も久美子のように、もう少し自分に素直になれれば良かったな。

スポンサーリンク

2016年12月22日
麻美子を追いかける久美子を見守る秀一・・・彼は今シーズン最高のナイスガイさ。

eupho12_049

2016年12月22日
父親のメッセージを受け取り、喜ぶあすか。
彼女の願いが叶って、まるで自分のことのように喜んでしまったよ。

2016年12月22日
見てごらん、このあすかの幸せそうな表情を!
僕達も自然と笑顔になってしまう。

%e3%81%82%e3%81%99%e3%81%8b

2016年12月22日
麻美子の前に座っていたのは、久美子が中学生だった時のティンパニ奏者だ!

%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%83%90%e3%83%8b

2016年12月22日
 Λそして誰かがさわ子と折木を今日のコンクールに招待したみたい。

%e3%81%95%e3%82%8f%e3%81%93

2016年12月22日
今日が最終回だったとしてもおかしくないほど素晴らしいエピソードだった。
来週は一体どこへ行き着くのだろう。

2016年12月22日
 Λ私は来年の吹奏楽部を見てみたい。
次の部長が誰になるのか気になるし、どんな新しい部員が入ってくるのかも気になる。
ファーストシーズン1話の対比で、新入生の勧誘のために久美子達が演奏するのも良いかもしれない。

2016年12月22日
 Λおぉ、タイムスキップまでは考えてなかったよ。
今、自分もそれが見てみたくなった!

2016年12月22日
今、私はとても落ち込んでいる・・・
だって『さいごのコンクール』というタイトルなのにもかかわらず、演奏シーンが全く無かったんだもの。

2016年12月22日
 Λ多分、そのシーンはOVAのために取っておいてあるんだよ。
僕はOVAを待ち続ける、OVAにはきっとフル演奏がある・・・そうだよね?

2016年12月22日
 ΛΛむしろ、演奏をカットしたことを私は評価したい。
我々は既にエピソード5で輝かしいパフォーマンスを目にしている。
それをただ繰り返したところで、何の価値もないのだから。

eupho12_025

2016年12月22日
ファーストシーズンを思い出して欲しい、北宇治の目標は『全国に行くこと』であり『全国で金を取ること』ではない。
5話の時点で、彼らの最終目標は達成していたんだ。

2016年12月22日
 Λ来年の新しい目標ができたね。
次こそは『全国大会で金賞受賞』だ!

演奏シーンが無かったのは最初驚いたけど、今はとても納得してる。来週は何やるんだろう?

参照:https://www.reddit.com/r/anime/comments/5jl5wt/、http://boards.4chan.org/a/thread/151221676

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『『響け!ユーフォニアム2期』12話感想 彼らの目標は既に達成していたんだ【海外の反応】』へのコメント

  1. 名前:名無しさん 投稿日:2016/12/22(木) 06:30:01 ID:354ad00b9 返信

    初出場で銅は順当な結果だな
    関西代表なら銀もあり得なくはないが、金だけは何があっても絶対無理
    そのくらい全国トップとのレベル差は大きい

    • 名前:名無しさん 投稿日:2016/12/23(金) 04:58:11 ID:197a6575e 返信

      誤解してる人多いけど北宇治はかつての強豪校で滝先生の父が指導してた時期は何度も全国行って全国金も一度だけ取ったこともある
      滝先生の奥さんも全国で銅止まりだったので北宇治で全国金を取らせる指導者になるのが夢だった
      吹奏楽の評価って大会での一発勝負の演奏がいかに9人の審査員の印象を捉えてA評価(最優秀の技術と表現力を備えてる演奏)を過半数以上取るかの勝負
      全国常連校でも全国大会で銀や銅止まりが普通にあるが、5話のような奇跡のハーモニーを本番でやってのけた学校が金掻っ攫うこともままある
      因みに今年の関西代表の3強の淀川工科は6年連続の金、大阪桐蔭も金取ったが、明浄学院は銅止まりと評価分かれた

  2. 名前:名無しさん 投稿日:2016/12/22(木) 06:59:11 ID:13413ec43 返信

    そら金獲るような高校はそれこそ三年間毎日練習してきた人がやっとメンバーに
    入るような高校だろうから、さすがに無理だわな。全国出場が目標の高校と全国で
    金獲ることが目標の高校じゃ違かろう。一度出場してからが本当の全国金目標になるんだろうね。

    ティンパニ奏者はワロタw

  3. 名前:名無しさん 投稿日:2016/12/22(木) 07:20:44 ID:4ec3a7888 返信

    全国区の習志野とか三軍までいる層の厚さだからな。

  4. 名前:名無しさん 投稿日:2016/12/22(木) 07:26:51 ID:8ad3c7d2c 返信

    ティンパニ奏者よく覚えてんなwwwwwww

  5. 名前:名無しさん 投稿日:2016/12/22(木) 09:28:42 ID:be1bdcf23 返信

    5話で1曲まるまる演奏シーンをアニメで描ききったおかげで、最終話ではストーリーの方に存分に時間を割けた。
    もう一度全曲をアニメ化しても意味は無いし、部分的に描写しても5話のインパクトには負けるし、課題曲の方は著作権があるし、そもそも5話以降は団員同士のドラマに主眼が置かれていて演奏や練習の描写が殆ど無かったから、「こんなに変わったんだよ」というところを見せようがない。
    絶妙な演出だと思った。

    あすか、麻美子、麗奈、みぞれ、秀一…それぞれのドラマも見応えがあったし、彼(女)らをユーフォのように陰ながら結びつけた久美子も本当に素晴らしかった。

    普通に考えて、あの「暴れん坊将軍」から半年で金が獲れるわけないし、選曲も金が狙えるような内容のものではない(高難度の曲を選んだら府大会に間に合わない)し、とても順当でリアルな銅賞でした。

  6. 名前:名無しさん 投稿日:2016/12/22(木) 10:43:45 ID:9c8973034 返信

    オレの出身校って他の部活は鳴かず飛ばずなんだけど吹奏楽だけはオレが通ってた時に5年連続で全国金とか達成してたんだよなあ
    こんな強豪の演奏を特になんともおもわず毎日放課後に聞いてたのは罰当たりだったのかもってユーフォ見てると常に思う
    仲がいい娘にも部員は何人かいたけどそんなすげーやつって感覚で接してなかったし

    • 名前:名無しさん 投稿日:2016/12/23(金) 08:17:08 ID:190665aae 返信

      吹奏楽じゃない別の部活が全国区だったけど、あの手の部活の顧問って本当に政治家というか利権屋みたいだったわ。
      やたら設備が充実してて、その予算を引っ張ってくるからな。

  7. 名前:名無しさん 投稿日:2016/12/22(木) 14:00:06 ID:ae7a4421d 返信

    今年、全国金が一度もなかった長崎の代表が金取っちゃたし多少はね
    実態は知らんけど全国から集めたかもしれんし、京都府で前年銅賞の北宇治と比べるのはムリだけどさ

    しかしよくある野球物そっくりだったな
    主人公が野球部を作る、弱小高校に入学
    何故か豪速球も変化球も捕球できるキャッチャーが、何故かリードオフマンになれる俊足の一番バッターが、何故か犠打が上手く堅守セカンドが…
    県大会決勝まで来たぞ!→連載を続けますか?
    はい 決勝で負けるor甲子園に出てもスグ負ける
    いいえ 甲子園優勝まで一気にいくぞ
    まんまこの公式だったね

  8. 名前:名無しさん 投稿日:2016/12/22(木) 14:42:05 ID:df1646bb1 返信

    日本では「好き」という言葉が幅広い意味で言われるから海外の人にはあそこら辺はわかりにくいかもね

    海外ではどう訳してたんだろう?

    • 名前:名無しさん 投稿日:2016/12/22(木) 15:00:40 ID:38703e5cc 返信

      調べてみたけど、レイナの好きですと久美子のお姉ちゃん好きはどっちも「I love you!」だったよ
      姉に対する言葉としては重い気もするけど、あの情景から姉妹愛であることは伝わるから大丈夫じゃないかなぁ

      • 名前:名無しさん 投稿日:2016/12/22(木) 15:39:42 ID:c3c845ea4 返信

        調べてくれてありがとう

        麗奈の好きですはそれこそ「I love you!」なんだけど
        表彰の時の「好きです」とその後に滝本人に言った「好きです」
        は「尊敬しています」「(先生として)好きです)」みたいに意味に
        相手は受け取ってる感じだから(2回目は生徒達はそう思ってないだろうけど)

        「I love you!」だとなんで表彰の時に優子が「助かったグッジョブ」みたいいに言ったのかや、1回目も2回目も滝があんな反応だったのか海外の人わかったかなあ?

        「I love you!」って「尊敬してます」「(先生として)好きです)」みたいな意味を持ってるんだろうか?

        • 名前:名無しさん 投稿日:2016/12/22(木) 17:41:19 ID:354ad00b9 返信

          loveは単純に「大好き」っていう意味だから、あの場面では適切なかけ声だよ。日本語の「先生、好きです」よりもずっと自然で違和感がない。姉妹間のやりとりの場面も「お姉ちゃん大好き」の訳としてはlove以外の表現は考えられないね。

      • 名前:名無しさん 投稿日:2016/12/22(木) 19:37:31 ID:ca42dbbbc 返信

        日本ではI love youは恋愛的に捉えられるけど
        英語圏では家族に対して日常的に「I love you」と言うのでまったく違和感はないかと

  9. 名前:名無しさん 投稿日:2016/12/22(木) 22:40:36 ID:092fd33a2 返信

    石原立也監督で山田 尚子シリーズ演出ってw豪華な布陣だけあって今年一番楽しめた 
    来週で終わりなのが寂しい

  10. 名前:名無しさん 投稿日:2016/12/23(金) 03:01:47 ID:68e5d7e11 返信

    このアニメ、吹奏楽部を舞台としているが話自体は吹奏楽と関係ないことが多いな。
    弱小の部が全国大会にすすめるまでになる。スポ根アニメなら一応はそこはコーチの風変わりだったりの特別な指導とかがあって上達するとかがある、というかそれがメイン。このアニメにはそれがほぼない。作者にアイデアがなかったんだろうな。
    だらけた部員が心を入れ替えても、はじめからから実力者が集まってみっちり練習している強豪高には勝てないよな。野球のように天才ピッチャーひとりでどうにかなるのでもないし。関西大会勝ったのもおかしいだろ。
    ユーフォニアムより主要なクラリネットとかサックスとか描いてない。部の全体の水準や向上を表すなら絶対的に必要だろ。コンクールで勝敗あるのに相手となる部も描かない。お話的には吹奏楽は背景でしかない。

    これをないことにして別にちゃんと吹奏楽部舞台のアニメが作られるといいんじゃね。アイマスシンデレラ+ハイキュー+吹奏楽 みたいな感じで。
    ハンコ絵のくせにリアリティ志向の京アニでは登場人物が多くなると同じ顔の群れの絵柄がキツイから。咲sakiみたいにちょっとゆるめならキャラの特徴盛れるし。吹奏楽外とのめんどうな人間関係はいらねだろ、吹奏楽メインなら。

    • 名前:名無しさん 投稿日:2016/12/23(金) 03:20:54 ID:191f8816e 返信

      まぁ別に 響け!吹奏楽 じゃないからいいんじゃね?

    • 名前:名無しさん 投稿日:2016/12/23(金) 03:59:01 ID:33593e29b 返信

      自分で言ってるやん「吹奏楽部」のアニメって。
      部活動なんだから吹奏楽が100%になるわけではない。練習の事で言えば、一期の方で滝先生の練習方法とか見せてるし、滝先生の厳しい指導とかもよくあった。
      クラリネットとかに関して言えば、久美子が主役の物語なんだから低音の方に話は集中するわけだし、仕方ないのでは?

    • 名前:名無しさん 投稿日:2016/12/23(金) 05:28:45 ID:197a6575e 返信

      原作は原作者自身も小学校から高校までユーフォとチューバ吹いてた経験者で徹底的な吹奏楽部の取材を通じて得た吹奏楽部あるあるを通して描いた青春小説だぞ
      あまりにもリアルで吹奏楽部経験者は胸が痛いって評価があるくらい
      吹奏楽はエースが一人いればコンクール勝てるってものではなく55人のメンバー揃えて全体の技術の偏差値の底上げを図って演奏の質を上げなおかつ指導者の意図する表現力を整えて本番の一発勝負で演奏で評価されるもの
      君の言うめんどうな人間関係をしっかり描くことによって、経験はあるが打ち込み切れない久美子の意識が変わり真剣に打ち込んだ結果滝先生に認められる事や、技術はあるのにメンタルから表現力が発揮できないみぞれが望美の為に吹くって意思を持って劇的に表現力が上がるとか、天才的な演奏力を持ってる麗奈やあすかでさえ心や家庭の問題を持ってるとか、演奏会に至るまでの様々な部員達の悩みや恋や友情の日々を丁寧に描いて行き演奏会本番に昇華させる吹奏楽だからこその吹奏楽部高校生の青春を描いたアニメだからな

    • 名前:名無しさん 投稿日:2016/12/23(金) 11:26:08 ID:dc025e89e 返信

      自分の好きなコンクールアニメを作れといいたいだけで何の批評にもなってないな。
      アニメはなぜかこういうドヤ顔アスペ系まとはずれ批評が多発するね

    • 名前:名無しさん 投稿日:2016/12/23(金) 23:08:19 ID:be6728a38 返信

      きみって一体、この作品の何を見てきたのかと

    • 名前:名無しさん 投稿日:2016/12/24(土) 04:17:11 ID:9a096c917 返信

      吹奏楽をひたすらに描写するドキュメンタリーではなくて
      吹奏楽部を題材にした青春群像アニメなので
      吹奏楽が背景であることに問題なんかないよ

      まあそもそも挙げている作られるべき作品とやらも
      単に既存のネタを組み合わせただけでオリジナリティの欠片もないし
      そんな人にアイデアが無いとか言われたくないよなぁ
      他の人にも言われているけど、まず前提が明後日の方向に行ってるから
      批判としてもズレすぎてると思うよ

    • 名前:名無しさん 投稿日:2016/12/26(月) 11:35:02 ID:016a53015 返信

      1期に比べて2期は音楽要素が下がって人間関係にフォーカスしすぎてた感はあるね
      英語で直で海外感想見ても演奏内容を語り合うコメントは激減してる
      1期はド下手からまともに底上げする過程があったしトランペット対決の山とか
      上手くなりたい連呼の神作画とか山の奥華子とか全てが音楽に収斂してた
      2期は音楽的に5話でピークアウトして吹奏楽要素が下がったのは勿体ない気はする

  11. 名前:名無しさん 投稿日:2016/12/24(土) 10:21:38 ID:9b6ec8cb7 返信

    麗奈みたいな子は、なにをやらかすかわからないんで、美人でも付き合いたくないわ。
    まして教師みたいな立場なら絶対無理だろ。

  12. 名前:名無しさん 投稿日:2016/12/26(月) 11:13:10 ID:016a53015 返信

    クライマックス本番をわざと飛ばしてポンと結果だけ出して来るって
    俺が見たのは漫画原作のタッチが最初だったけどその前にもあった手法なのか?
    少なくとも日本のアニメに関してはやっぱタッチの影響があるよな