『終末のイゼッタ』8話感想 さながらライトノベルの主人公のようだ【海外の反応】

izetta_08_014

終末のイゼッタ8話あらすじ『残酷なおとぎばなし Das grausame Marchen』
リッケルトは自らの意思でエイルシュタットへ潜入する。そこで彼は近衛兵のビアンカと出会い・・・

 

2016年11月20日
ああ、ドアをロックするのを忘れていた!
もう少しセキュリティを強化する必要がありそうだ。

izetta_08_015

2016年11月20日
 Λ露骨なファンサービスはあまり好きではない僕も、ビアンカの入浴シーンには喜ばずにはいられなかったよ。

2016年11月20日
ヒロインのお風呂を思わず覗いてしまうリッケルトは、さながらライトノベルの主人公のようだった。
もしも彼が別の作品に登場していたら、きっと可愛い女の子達に囲まれて幸せになれていただろう。

2016年11月20日
ドイツのプリティボーイによる恋物語は、突然幕が閉じられてしまった・・・
少女と恋を育み、心を変えたリッケルトがドイツと戦ってくれると信じていたのに。

izetta_08_030

2016年11月20日
ビアンカとリッケルト、二人が仲良くしている描写があまりにも少なすぎる。
おとぎ話の内容や彼の犠牲に、もう少し説得力が欲しかった。

2016年11月20日
 Λそうだね、恋物語は時間の経過によってその関係に深みが出てくる。
彼らの交流をもっと我々に見せてくれていたら、より感情移入できていたに違いない。
8話でいきなりフラグが立ったと思ったら、瞬く間に折られてしまったよ。

2016年11月20日
愛は突然に起きるものさ、偶然出会ったばかりの見知らぬ二人が恋に落ちたんだ。

2016年11月20日
 Λロッテがビアンカのことを「乙女」と評していたのも一つの伏線になっているね。

2016年11月20日
過程はどうであれ、わずか23分の間にラブストーリーをやり遂げたのは素晴らしいと思う。
ただ、二人の出会いはもう少し時間をかけて、よりインパクトのあるものにして欲しかったな。

スポンサーリンク

2016年11月20日
ヨナスのように純粋な心を持った者でさえ、戦争に勝つために命を失わなければならない・・・
この物語の結末が幸せになれないことを僕らは知っている。

2016年11月20日
イゼッタのドレスアップした姿は、その全てが愛らしく見える!

%e3%82%a4%e3%82%bc%e3%83%83%e3%82%bf

2016年11月20日
今回登場した可愛らしい女の子・・・どう見ても新しい魔女としか思えない。

2016年11月20日
 Λそして彼女は、早くもイゼッタの味見をするんだ。

%e6%96%b0%e3%81%97%e3%81%84%e9%ad%94%e5%a5%b3

2016年11月20日
仮にも魔女の弱点が隠されている城なのに、あまりにも警備が手薄すぎるよ。
結果としてやすやすとスパイに進入され、機密情報が奪われてしまったじゃないか。

2016年11月20日
魔法の宝石とイゼッタの弱点がドイツの手に渡り、更に彼らはもう一人の魔女を所有している。
事態はより一層深刻になり始めているね。

2016年11月20日
どうして魔法石はイゼッタ自身に反応しなかったの?
こないだ姫様と一緒にイゼッタも秘密の部屋へ訪れていたのに。

2016年11月20日
 Λおそらく、その石はとある血にしか反応しないのだろう。
つまり白髪の女性は、おとぎ話にも登場する白き魔女ということさ。

2016年11月20日
ああ・・・スナイパーちゃんに一目惚れしてしまった。
彼女の冷たい瞳で僕を撃ち抜いてくれ。

%e3%82%b9%e3%83%8a%e3%82%a4%e3%83%91%e3%83%bc

2016年11月20日
 Λ女の子しかいない近衛兵、熱狂的なファンになってしまいそう。

2016年11月20日
彼女ほど無能なエリートガードを私は見たことがない。
始末したスパイのところへ兵士が到着するまで、狙撃兵は目を離すべきではないだろう。
もう一人スパイがいたことを想定していなかったとしても、無関係の人間が偶然近くにいたり、
もしくは野犬が荷物をくわえて持っていってしまうかもしれないのに。

2016年11月20日
どうしてアメリカは、何千マイルも離れた海軍も持たずに一人の少女に守られているだけの小国を恐れている?
彼らがそこまで危険だと判断する理由がわからない。

2016年11月20日
 Λ全世界は魔女の弱点を知らない、ただ一つ理解していることはイゼッタが恐ろしい力を持つということだ。
それは良くも悪くもプロパガンダの功績であり、彼女を大量破壊兵器と同等であると見なすことは正しい判断だよ。

2016年11月20日
そしてアトランタは、ドイツとエイルシュタットの両国を排除しようと考えている。
これはもはや第二次世界大戦と呼べる代物ではない。

エイルシュタットが平和になる未来が全く見えない・・・

参照:https://www.reddit.com/r/anime/comments/5dt9bo/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『『終末のイゼッタ』8話感想 さながらライトノベルの主人公のようだ【海外の反応】』へのコメント

  1. 名前:名無しさん 投稿日:2016/11/20(日) 09:32:17 ID:171cb6600 返信

    今回ちょこっと盛り返したように思う。面白かった。

  2. 名前:名無しさん 投稿日:2016/11/20(日) 09:47:08 ID:ba6766b6b 返信

    >どうしてアメリカは、何千マイルも離れた海軍も持たずに
    >一人の少女に守られているだけの小国を恐れている?

    君ら海軍を持たないベトナムやアフガンを恐れていたじゃないかw

    あとアメリカはキリスト教国家だから悪魔の力を使う魔女と嫌っていると思った
    同性愛にも厳しい国だからアトランタ合衆国がネガキャンする時はそれだな

  3. 名前:名無しさん 投稿日:2016/11/20(日) 09:58:05 ID:fc139f391 返信

    スナイパーに対しての指摘は全く同意。少し引いたよ。
    また動きだすかもしれないのにね。
    でも、小国のお嬢様達の近衛ではそこまでの軍事教育はなされていなかったと強引に解釈しようかな。

  4. 名前:名無しさん 投稿日:2016/11/20(日) 12:52:36 ID:756a383bf 返信

    アトランタの参戦への大義名分はどうすんだろ?
    現実だと欧州参戦への名分を得る為に日本に対しえげつないほどの嫌がらせと経済封鎖を徹底して仕掛けてる

    • 名前:名無しさん 投稿日:2016/11/20(日) 20:09:38 ID:ba6766b6b 返信

      ゲールの脅威をメディアを使ってアトランタ人に植え付け、
      更にゲールには魔女が居ると嘘をつく
      アトランタが実際のアメリカに似ている国なら悪魔の
      使徒を使って全世界を支配しようとしていると恐怖するだろう

      そしてゲールを倒したらアトランタ政府が
      「実はエイルシュタットにも魔女が居る」と言って
      魔女狩りを正当化する
      アトランタからすればヨーロッパの小国が今後軍事力バランスを
      左右するのは容認できない(イランの核保有に近い考え)

  5. 名前:名無しさん 投稿日:2016/11/20(日) 18:42:57 ID:be92558b0 返信

    スナイパーは撃ったら移動が基本。
    後は別の人間の仕事。

    • 名前:名無しさん 投稿日:2016/11/23(水) 00:21:24 ID:0b8be47b1 返信

      あまりに馬鹿すぎるわw
      どっちが主導権を持ってるかの問題だろ

  6. 名前:名無しさん 投稿日:2016/11/20(日) 21:22:44 ID:a4353cfe3 返信

    エイルシュタット国債はやはり紙屑になりそうですね

  7. 名前:名無しさん 投稿日:2016/11/21(月) 05:04:20 ID:acb2978cd 返信

    名前と顔を隠す仮面舞踏会ではあるけど人脈を作ろうともしないのは姫様の怠慢に見える
    イゼッタの魔法しか交渉カードないのに余裕ですね

  8. 名前:名無しさん 投稿日:2016/11/22(火) 02:10:24 ID:9dbae5669 返信

    あんたらも外人たちもこれはアニメだからね
    第二次大戦の史実と違う!的な発想やアメリカは~とかドイツは~とかやめた方がいいよw

  9. 名前:名無しさん 投稿日:2016/11/23(水) 18:05:31 ID:6da30eb23 返信

    第二次大戦を参考にしてるだろうが同一じゃないのは分かるだろうに。
    そんなに現実の大戦を下敷きにした作品見たけりゃジパングとか他の作品がある。
    こんかいの毒のある展開はリアルな感じで好きだったんだが、海外では好まれないようだな。
    しかしこの先アニメ化される幼女大戦の反応がちょっと心配になってきたな。

  10. 名前:名無しさん 投稿日:2016/11/24(木) 02:21:13 ID:11393436f 返信

    「週末はお近くのイゼッタまで。
     イゼッタ大試乗会開催!!」
    ってのが、やたら浮かぶんだが。。。

  11. 名前:名無しさん 投稿日:2016/11/24(木) 16:26:34 ID:fab6adf25 返信

    警備が緩すぎてちょっとなぁ…
    武器は監修がいるようでシッカリ描かれてるけど
    軍事全般のリアリティーを担当してる訳じゃないんだな

  12. 名前:名無しさん 投稿日:2016/11/25(金) 05:27:40 ID:3b9a9cef7 返信

    >ビアンカとリッケルト、二人が仲良くしている描写があまりにも少なすぎる。
    >おとぎ話の内容や彼の犠牲に、もう少し説得力が欲しかった。

    >ドイツのプリティボーイによる恋物語は、突然幕が閉じられてしまった・・・
    >少女と恋を育み、心を変えたリッケルトがドイツと戦ってくれると信じていたのに。

    >Λそうだね、恋物語は時間の経過によってその関係に深みが出てくる。
    >彼らの交流をもっと我々に見せてくれていたら、より感情移入できていたに違いない。
    >8話でいきなりフラグが立ったと思ったら、瞬く間に折られてしまったよ。

    そういう展開になるには、尺が短すぎる、すなわち1クールでは短すぎるんだよね

  13. 名前:名無しさん 投稿日:2016/11/25(金) 05:33:35 ID:3b9a9cef7 返信

    >この物語の結末が幸せになれないことを僕らは知っている。

    うむ
    私も同感
    おそらく、「戦闘で瀕死の重傷を負い亡くなる王子」がフィーネ、
    「奸計に陥ちて敵国に売り渡され、拷問&火炙りで非業の死を遂げる魔女」がイゼッタ

    その一方でそうした予想を裏切ってほしい、つまり百合ハッピーエンドになってほしい
    とも思っている

    • 名前:名無しさん 投稿日:2016/11/25(金) 20:10:42 ID:f52a63e70 返信

      アトランタがゲイルとエイルシュタット両国へ宣戦布告
      それに合わせてブリタニア他のヨーロッパ各国もエイルシュタットへ宣戦布告
      圧倒的物量の前にゲイルも苦戦、イゼッタも疲弊して押されまくる。
      そこでゲイルとエイルシュタットの共闘!
      実はゲイルの皇帝はそこまで悪い奴じゃなかった、本当の悪はブリタニアとアトランタって展開
      1話でゲイルが突然宣戦布告したって話が実はプロパガンダだったと。
      最後はゲイルの魔女と共闘して苦戦しながら勝利する、みたいな超展開だったら神アニメなんだけどなぁw

  14. 名前:名無しさん 投稿日:2016/11/26(土) 13:19:07 ID:007ed7d80 返信

    アトランタが味方についたらイゼッタいらんからな。
    某合衆国のイゼッタファンには悪いが、チート国家はフィクションの世界では主役になれないのよ。

  15. 名前:名無しさん 投稿日:2016/11/27(日) 03:45:34 ID:319698967 返信

    マジでゲール-エイルシュタットの魔女枢軸が実現するかも